【イート プレイ ワークス】食とウェルネスとワークカルチャーが融合した施設がオープン

“食べて” “遊んで” “仕事して”がコンセプト

これからのビジネスパーソンに向けた、ユニークでエクスクルーシブなコミュニティを提供する、食とウェルネスとワークカルチャーが融合した新施設【EAT PLAY WORKS(イートプレイワークス)】が7月20日(火)広尾にオープンします。

1階から6階の全てのフロアを通して、「食べて」「遊んで」「仕事して」をコンセプトにデザインされ、広尾駅から徒歩1分の広尾商店街入口至近に位置する都内屈指のロケーション。1階と2階のレストランフロア「THE RESTAURANT」は、国内外で注目を集める銘店17店が集結し、一流の味をカジュアルに楽しめる新業態で展開されます。3階、4階はEAT PLAY WORKSメンバーと、そのゲストのみが利用可能となるメンバーズラウンジになっており、仕事をしたり、仲間と飲んだり、時には瞑想したりと好きな場所で自由に過ごせる上質で開放的な空間が広がっています。快適なテラスでは各種イベントも開催される予定。そして5階、6階はルームメンバーのみが利用可能なプライベートオフィスが用意されており、最高な立地と充実した設備でメインオフィスやセカンドオフィスとして最適です。

予約困難な銘店の味をカジュアルに楽しめる「THE RESTAURANT」

注目はスペインの三ツ星レストラン「サンパウ」出身のシェフ、ジェローム・キルボフが手がけるスパニッシュバル「Gracia(グラシア)」。ジェロームシェフ本人がカウンターに立ち、スペインの“今”をエネルギッシュに表現します。そして、二つ星フレンチ「レフェルヴェソンス」のスーシェフとして5年間務めあげた根本憲仁シェフはカジュアルレストラン「Bistro Némot(ビストロ ネモ)」で、よりカジュアルなビストロ料理に挑戦。さらに鮨界の新星、銀座の「はっこく」のカジュアル新業態「寿志團」では、お任せ握り10貫をリーズナブルな価格で楽しめるほか、外苑前で人気を博すモダン・ベトナミーズ「Ǎn Ði(アンディ)」のカジュアル店「Ăn Cơm(アンコム)」では、大越基裕監修のもと、よりカジュアルなモダン・ベトナミーズに日本酒をペアリング。新しい食体験を提案していきます。他にも日本初出店のNYCブルックリン発・メキシコ料理のミシュラン店「OXOMOCO(オショモコ)」や、福岡から東京初出店の豚そば「月や」、フードディレクター白井絵美が手がける至極の餃子スナック「スナックすいか」、日本屈指のティーマイスター伊藤孝志がプロデュースする大人のティーラウンジ「茶季」など幅広いジャンルの店舗が並びます。

「食べて・遊んで・仕事して」を体験できるメンバーズラウンジ

3階、4階のメンバーズラウンジは、メンバーとそのゲストのみが利用可能な大人のためのインクルーシブスペース。仕事をしたり、ソファで読書に耽ったり、瞑想で自分と向き合ったりと、素のままの自由な時間を過ごせる快適な空間が演出されています。さらに開放的なテラスとそこで行われるイベントも大きな魅力のひとつです。

5階と6階は、3名から賃貸可能なプライベートオフィス。最高な立地と設備を完備しており、メインオフィスやセカンドオフィスとして最適な環境を準備しています。

そして3階~6階のメンバーは、「THE RESTAURANT」から希望のフードやドリンクを好きな時間にデリバリーできる「Room Service」、ホテルライクなサービスも用意されています。

[施設概要]
オープン日:7月20日(火)
所在地:東京都渋谷区広尾5-4-16
東京メトロ日比谷線広尾駅より徒歩1分
基本営業時間:1F~2F THE RESTAURANT 11:00~23:00(各店舗により異なります)
3F~6F メンバーズラウンジフロア/プライベートオフィスフロア 24時間


info.
イート プレイ ワークス
URL:https://eatplayworks.com










目次
閉じる